2013.03.26

100年の時を超え

昨年にご依頼いただいた、松山市内の築100年の古民家の再生リノベーション計画が、だいぶん進んでいます。約100歳ですから、ボクの2倍以上この地で生きて来た大先輩です。

Mreno01

もちろん、当時の伝統工法で建てられており、土地だけでも一反(300坪)あります。長屋門があるお屋敷で、農業が日常の生活だった頃のライフスタイルに溶け込んだ様式や間取りになっていて、今時の合板や金物、いわゆる新建材ではなく、木や土といった自然素材でできていますので、隅々まで調査するだけでも一苦労でした。大量生産しスクラップ&ビルドが主流の現代になってなお、長い年月を経て生き残ってきた古民家には、時の流れを感じさせる風合いと迫力があります。しかし、ご先祖さまが残してくれた建築様式や文化、住まいの知恵が溢れた建物ですが、現代の人間が住むのですから、すべて古いものが良いという訳ではもちろんありません。現代のスタイルにはそぐわない箇所、長い年月の間に劣化していまった箇所ももちろんたくさんあります。そうしたところを再生して美しく、居心地よく甦らせるのが目的です。

Mreno04

現代の一般的な家と、戦前のいわゆる伝統構法の家とでは、地震に対する造りがまったく違っています。現行の建築基準法では、建物の耐震性は「壁の量」として評価され、積極的に耐力壁(をバランスよく設置して、金物で軸組を接合することで、建物を出来るだけ変形しないようにガチガチに固める事が目的の「剛構造」です。

これに対して古民家は、「木組み」といって、柱や梁の端を凹凸に加工して接合し、木で作った込み栓や楔という部材で押さえます。こうした木組みが何重にも重なり、全体が、地震の揺れに対して木と木とがが多少めりこみ合いながら一緒に揺れることで柔らかく地震力を受け流す「柔構造」が、古民家の考え方です。一般的に丸太などの大きな構造部材が使われていて、部材の変形による割れなどに一定の許容範囲が有るので、柱や梁、貫などの軸組み部材の接合部や土壁などの破壊や変形によって地震力を吸収する造りになっています。

伝統木造建築の「柔構造」を科学的に検証するための実験や研究が国交省主導で進められていますが、今のところ建築基準法は「剛構造」の考え方だけを採用しているのが現状です。

じゃあ壁の少ない古民家は地震に弱いのか、という議論にいつもなってしまうのですが、そういったわけでもありません。伝統的工法の耐震の考え方は意外と優秀で、日本の職人たちが連綿と伝えて来た伝統工法にはそれなりの合理性があるのです。建築を専攻するだいたいの学生が衝撃を受ける「五重の塔は何故倒れないのか?」という五重の塔の不倒神話がそれを物語っているのではないでしょうか。

ただ、いかに大きな構造部材が使われていて変形による割れなどに一定の許容範囲が有るとは言え、無理な増築が行われていたり維持管理がまずかったりすると、様々な要因によって耐震性能も左右されやすく、建物の耐震性能が低下している可能性もあります。だからこそ建物の状態を部位ごとにチェック、調査確認し、適切な方法で補強改修することが必要となってくるのです。

というわけで、おのずと今回のリノベーションのポイントは非常に盛りだくさんになってきます。建物の軽量化や防蟻対策を含む構造補強はもちろんのこと、バリアフリーを含むユニバーサルデザイン、寒さ対策もクリアーした上で、現代の生活に合うプランニングに見直すことから始めます。また、もう今となっては手に入らない高価な素材(建具や家具、厚鴨居など)が空間のあちらこちらに散りばめられていますので、それらを活かした色気のある空間をデザインしたいと考えています。

Mreno02

少子高齢化に歯止めがかからない我が国ニッポン。

スクラップ&ビルドからの脱却が叫ばれて久しいというのに、有形無形の資源がいまだに凄まじい勢いで失われていくニッポン。

ロングライフを見据えたストックの時代に突入した今、エネルギーや地球環境の観点からも、リノベーションやコンバージョン等により建物を再生する事は、もはや社会的要請となりつつあります。

残していかなければいけない文化や風習は数多くあります。

まずは人間の生活の場である大切な住空間を残すことから…。

Mreno03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.06

Domino(ドミノ)

きのうのとある現場。

壁と天井がドミノのような状態に…。

M130205_13_46_38_2

この状態、これは これでオモシロイ。

もちろんクロス(壁紙)を貼る前の下準備ですが、

完成してしまうともう見れなくなります。

こんな地道で、色んな細かい作業を経ながら、

こうして建物はドンドン出来ていくのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.12

幸先ヨシ!

先日の知り合いとの新年会で、新年早々ワインと料理でワイワイやったわけですが、途中、映画の上映会となりあの世界一予約の取れないレストランで有名な「エル・ブリ」のドキュメンタリー映画を観ました。

半年間営業をしてあとの半年は料理開発のため研究期間にあてるというあの有名店の新メニューを作り上げるまでが淡々としたタッチで描かれています。

映画そのものは淡々と進んでいくのですが、だからこそ余計に超一流のシェフ達が新たなモノを生みだしていく時の緊張感や鬼気迫る空気感が激烈なまでに際立って見えました。

料理とテクノロジー、料理とアートとの融合を図り、誰も見たことの無いそしてどこにも存在しないモノを創り出す姿からは、料理という1ジャンルを超えた、すべてのモノ創りの世界に通じる厳しさを感じました。何かを産み落とし、そしてそれを世間に認めてもらうまでの苦労と勇気は並大抵のことではありません。

モノ創りの段階で、頭掻きむしりながら苦しんだり思い悩んだりは当たり前。でもその向こうにある完成の時の素晴らしい瞬間を想像するからこそ乗り切れる。かのコルビュジェも言っているように、「感謝」を超えた「感動」を味わってもらう為に、そして、ゴールした後の爽快感と、あのスバラシイ一瞬を味わう為にこそ頑張るのです。すべての苦労と努力は、それらを忘れさせてくれる程の達成感を味わうためなのかも知れません。

そのためには100%の自分ではダメで、いつも150%や200%のチカラを出せるように日々ココロと脳の体力創りをしていないと無理なのだ、という事を思い出させてくれた映画でした。

新年早々、気合の入る深い映画を観れました。

M130111_11_00_41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

今年は当たり年

皆様、あけましておめでとうございます。

かれこれ10ヶ月ぶり(!)の更新です。

ながらくブログの更新をしていなかったので、

数多くの方々からご心配の声を頂いておりました。

「何かあったん?」

「今どこにおんねん?」

中には「生きてんのかいな?」との辛辣な声も…。

本人はいたって元気で忙しくしておりまして、

最近はフェイスブックへの投稿にかまけて、

ブログがおざなりになっておりました。

申し訳ございません。

今年はまめにブログ更新しようと気合満タンです。

昨年は新たな出会いも数多くあり、建物の大小に関わらず、

やりがいのある様々な仕事をさせていただき、

それぞれに喜んでいただきまして嬉しい限りでした。

本当にいろいろな方のご支援やご協力のおかげもあって

とても充実した1年を送ることができました。

今年も、もっと皆さんに喜んでいただけるような魅力ある建築を、

そして感動するような建築を創れるよう頑張って進んでいきます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2013ao_4

               新年のご挨拶に代えて 伊藤馨

Web:http://kao-archi.com/

FB:http://www.facebook.com/#!/kaoarchi

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.04.14

図面に描き切れないこと

小さな木造住宅のリノベーション「西長戸Ⅳ」も内装はほぼ完了。

本日はポカポカ陽気の中、外装の塗装工事中でした。

最後まで悩んだ階段部分も、

 ↓こんな暗い感じだったのが

Nn4before10

 ↓こんな明るい感じに。

Nn4reno10

 ↓時代を感じる2階の廊下も

Nn4before11

 ↓こんなスッキリした感じに。

Nn4reno11
古い木製格子の手摺は鉄のフラットバーに変更し、最小限に抑えたアイアンのラインとダークブラウンに塗装した踏板だけがリズミカルに見える空間に再生。古い木製パネルの壁も真っ白に塗装したので、空間を構成する要素が減り、一層黒とのコントラストが際立っています。

元々、玄関を入ると階段や水まわりに繋がるホールがあり、その先の扉を開けるとリビングに…といういかにも紋切り型の間取りだったのを、

Mypanf_g01before

玄関ホールからすぐにリビングに入り、全ての動線はリビングからスター状に伸びるリビングイン式に変更していますので、限られた空間を効率よく使えるようになり、以前よりも広いリビングスペースを確保できました。

Mypanf_g01after

古くゴチャゴチャした住宅のリノベーションは、その空間を構成する要素を慎重にかつ大胆に減らしていくことが、スッキリと見せるコツです。それが難しいんですが…。図面に描き切れない事もたくさんありますので、現場でのチェックと密な監理がとても重要です。

来週の22日にオープンハウスが行なわれますので、

リノベーションにご興味のある方は是非一度ご覧下さい。

お問合わせはサンロクマルベースさんまで。

オススメ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.04.07

片道10分のシアワセ

先日より完成間近とお伝えしていた2階建木造アパートRenovationが、

いよいよ外構工事を残すのみとなりました。

Renofn01_2 Renofn02_2

この物件はワンルームということもあって、

近くの大学の新入生さん達が既に続々と入居されていっております。

全室埋まるイキオイで空き部屋がどんどんと

減っていくのは嬉しい限りです!!

本日は、オートロックに変更する為のゲートや扉、

階段の塗装工事です。

 

↓以前は、オートロックも無く単なる鉄骨ゲートだけだったのを、

Kizonfn04

↓鉄骨も新設し新たに再塗装し、

Renofn05

ファイバー(FRP)グレーチングのオーダードアを吊り込みます。

Renofn07

ファイバーグレーチングは、採光と風通しを損なわずに

軽やかに間仕切る事ができるので、良く使う面白い素材です。

↓以前の木賃アパート風の外観も…

Kizonfn01

モノトーンに塗装して、若者の住まう住宅らしい雰囲気へと変貌、

Renofn04

時代に合わない雰囲気だった内部空間も…

Kizonfn03

設備機器も一新され、シンプルで爽やかな空間へと

劇的に再生されました。

Renofn03

あとわずかで完成です。

Renofn06_2

工事の最中も何人かの学生さん達が

荷物を持って出入りされていましたが、

初々しい新入生を見ると、自分が下宿生活を

送っていた学生時代を懐かしく想い出します。

ボク達の時代は、大家さんの家に間借りする「下宿」が

主流でした。もちろんトイレ・流し共同の風呂なし銭湯通い。

学生時代は、なにぶん金は無いけど強烈にヒマでしたから、

4時の銭湯開店からの一番風呂に

果てしないシアワセを感じ、

風呂上りは定番のフルーツ牛乳…ではなく、

銭湯 → 京都王将で餃子とビール →

天下一品本店でこってりラーメン → 下宿到着、

がスペシャルコ-ス。

今の人達は、気を使う下宿ではなくて

ワンルームに住めて羨ましいとは思うけれど、

昔の片道10分の道にもシアワセはいっぱいあったのだなぁ…

などと懐かしく想い出す46歳なのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.04

Renovation-ING!

築30年を超える小さな木造住宅のリノベーション。

春の嵐にも負けず、着々と進行しています。

Nn4reno2

現在壁下地のパテがほぼ終わり、塗装工事の真っ最中。

Nn4reno1

一部壁を撤去して残った柱も、空間のバランスを考えて、

2階の荷重を支える存在感が出るように一回り大きくして3分艶で塗装。

Nn4reno6_2

元々木目調パネルで暗かった壁面も、ホワイト色のペンキで塗り潰し、

明るい空間になりました。白色は膨張色なのでさらに広く見えます。

Nn4reno3

真壁の和室を、洋室の大壁に変更するだけではツマラナイので、

Nn4reno4_2

昔ながらの繊維壁(塗り壁)を一旦キレイに全て剥がし、

柱と長押や廻り縁等の木部はあえて真壁の時のままに残して塗装。

イメージ通りの和洋折衷の雰囲気が出てきました。

Nn4reno5

元々あった半円の欄間付きの建具を移設しています。

レトロな装飾ガラスがたまらない雰囲気。

あとはヘリンボーン貼のドアを吊り込むだけ。

Nn4reno8

先日まで大工さんが造っていた集成材のキッチンカウンターも、

Nn4reno9

塗装が終わって、腰壁にレトロなモザイクタイルを貼るのを待つ状態に。

Nn4reno7

昭和レトロの香り漂う住空間をイメージしながら進めていますが、

こういった現場は、その瞬間瞬間のアドリブ力が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.20

Renovation×3

Blog更新が滞ってるなぁとボチボチ言われる頃なので、久しぶりに更新です。

まずは現在動いている現場の中で、改修の現場を3連発で。

 

□ 2階建木造アパートRenovation

Shidu_d04_2 

内装工事もほぼ見込みが付いて、

外装の塗装や外構工事へと移っていっています。

集合住宅ではありながら木造2階建てであり、

一見すると間取りも外観も昔の木賃アパートといった

風情の建物でしたが、住戸内部は一旦スケルトンに解体し、

今の時代に合わせて一からPLANもガラッと変更しています。

Shidu_d05_2  Shidu_d06_2

こんなフレキシブルな変更が可能なのも、

木造在来工法という構造形態だからでしょう。

RCのワンルームマンション乱立の時代ですが、

木造にはコンクリートには無い暖かさや、

現代人が失いつつあるライフスタイル等の可能性があるのでは、

と感じています。

 

□ お寺さんの本堂Renovation

Hrreno15_2

大まかな間仕切り等がだいたい出来て、

現在電気や空調の設備配管中。

Hrreno17

濡れ縁上部の軒裏化粧垂木が美しい。

このあたりの夜間のライトアップの仕方を検討中です。

横のひときわ存在感を放つ樹木は、

沙羅双樹と並び仏教寺院の象徴とも言うべき菩提樹の木。

今の時期は冬枯れですが、元々ここに植えられていたこの立派な

菩提樹をお互いに引き立てあう様な佇まいの本堂になればと思っています。

 

□ 木造住宅Renovation

Retro_reno08

前回更新の「ヒト・モノ・クラシ」で書いた、

築30年を超える小さな木造住宅の改修です。

いつものように事前に建物調査を行い、一旦構造のみに解体、

その後補強すべき箇所は適切に補強し、

床組みのレベル調整や防蟻処理を行い、

現在大工さんの建て込み工事の真っ最中です。

昭和のニオイのするレトロガラスの建具も移設完了。

床は、元々貼ってあった寄木パーケットがイイ感じの風合い

だったのでそのまま剥がして使いたかったのですが、

なかなかに困難だという事が発覚。

鋸目がついた浮造り風のオークの突板フローリングに変更に。

Retro_reno09

いつも言う事ですが、小さな住宅は画数の少ない漢字と同じで、

ちょっとした細部がおかしいと全体がおかしくなる事がよくありますので、

ディテールについては工務店と何度も打合せを行いながら

進めていっています。

この日も現場に行くと図面と食い違う箇所がいくつか…。

すぐさま工務店に連絡して、納め方の確認と調整作業について話をします。

外観についても、ガラっと変えてしまえば話は早いのですが、

元々この住宅が持っている個性や魅力等のポテンシャルを

最大限まで利用しながら、いかにドラスティックに再生するかが

コンセプトでもあるので、新築とはまた違った別の難しさがあります。

「慎重に…そして大胆に。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.21

ヒト・モノ・クラシ

昨年から何度かご提案させて頂いていたプロジェクトを、

今年に入って正式にご依頼を頂けたり、

稼動中の現場が慌しくなってきたりと、

せわしない日々が続いていて、ありがたい限りなのです。

Hrreno14

Hrreno13

先日、さらに新たなリノベーションのご依頼があり、

本日現地を見に行ってきました。

築30年を超える小さな木造住宅ですが、

中古住宅の再生をやられている会社が買い取り、

リノベーションを施した上で、新しい住まい手を探すというプロジェクトです。

 

マンションのリノベもモチロン面白いんですが、

戸建住宅の場合はやはり敷地条件や立地環境など様々な条件が違うので、

毎度毎度色々な観点からブレストをして方向性を決めていきます。

それもまた面白いのです。

 

今回の住宅は、その古さにも関わらず、内部に残された家具や仕上材には

今の時代には無くなってしまった良質の懐かしさが漂っていました。

Retro_reno03

Retro_reno06

Retro_reno02

ここにはまさしく僕たちの少年時代の家に漂っていた空気が流れていました。

築年数の割には隅々まで状態もかなり良く、

前の住まい手が家を大事にされたいた事が伝わってきます。

Retro_reno04

Retro_reno05

ブレストの結果、今回は古い部分を撤去や改装するんではなく、

古い素材を巧くそのまま利用しながら新しい部分とバランスを取り、

今持っている空気感を上手に引き継いでいけないか、という事になりました。

言うなれば、モダンでスタイリッシュな無機質な空間ではなく、

シンプルではあるけれどレトロなニオイ漂うオーガニックな空間。

値段が高かったり、既に廃盤になっている等、

色んな条件で今となっては再現するのが難しい素材のテイストを活かしながら、

新旧がチグハグにならないように全体のバランスに注意しながら、

楽しくプランニングしていこうと思ってます。

 

「ヒト・モノ・クラシ」が醸し出す心地良さ。

温かくて爽やかな風が吹いているような家にしたい…。

いいモノ創りますよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.09

KOBE

先日の神戸方面出張。

昨年完成したお施主さんのお宅に久しぶりにお邪魔して、

美味しいコーヒーを頂きながら、現在の住み心地や、

お子さんが成長した時の改装イメージ等、いろんな話を。

Ynhouse101_2

Ynhouse102_2

Ynhouse103

夜は明石まで行き、20年以上ぶりの友人を加え、

地元の旨い居酒屋からアイリッシュパブへ。

翌日は早朝仕事を片付けて、

買い物したり南京町まで足を伸ばしたりで神戸を満喫。

久しぶりに神戸の空気を十分に吸い込みました。

Nankinmachi101

Nankinmachi102

以前にも書いたけれど、神戸って本当に独特の街だと思います。

南北に狭いエリアを海と山に挟まれ、そして東西に長い。

海からの駆け上がりの土地も多いいから当然坂が多い。

登るのは大変だけれど、クネクネと曲がる坂を登っていると、

絶え間なく変わるいろんなシーンを感じられてスゴク楽しい。

土地の高低差による立体感が

独特の景観や雰囲気を創り出しています。

早くから外国の文化を取り入れて、今でも建物や街並み、

そして食べ物やお店等、町のどこにいても外国のニオイを

感じ取る事ができます。

よくイタリアのベネチアっ子達が自分の町を語る時

「どこにも無い町だから」と語ると言いますが、

神戸もまさしくそんな町かも知れません。

他にも独特のブランドイメージを持っている街もありますが、

街が適度な大きさと圧倒的な個性を持ち、

住人が自分達の町を愛してやまない街は、

なかなかそう思い当たりません。

仕事や遊びに関わらず、

そんな街を訪れると心地良さが漂っていて、

なんかシアワセになる気分になるのです。

Akashibridgeview11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«積雪一過