« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.21

ヒト・モノ・クラシ

昨年から何度かご提案させて頂いていたプロジェクトを、

今年に入って正式にご依頼を頂けたり、

稼動中の現場が慌しくなってきたりと、

せわしない日々が続いていて、ありがたい限りなのです。

Hrreno14

Hrreno13

先日、さらに新たなリノベーションのご依頼があり、

本日現地を見に行ってきました。

築30年を超える小さな木造住宅ですが、

中古住宅の再生をやられている会社が買い取り、

リノベーションを施した上で、新しい住まい手を探すというプロジェクトです。

 

マンションのリノベもモチロン面白いんですが、

戸建住宅の場合はやはり敷地条件や立地環境など様々な条件が違うので、

毎度毎度色々な観点からブレストをして方向性を決めていきます。

それもまた面白いのです。

 

今回の住宅は、その古さにも関わらず、内部に残された家具や仕上材には

今の時代には無くなってしまった良質の懐かしさが漂っていました。

Retro_reno03

Retro_reno06

Retro_reno02

ここにはまさしく僕たちの少年時代の家に漂っていた空気が流れていました。

築年数の割には隅々まで状態もかなり良く、

前の住まい手が家を大事にされたいた事が伝わってきます。

Retro_reno04

Retro_reno05

ブレストの結果、今回は古い部分を撤去や改装するんではなく、

古い素材を巧くそのまま利用しながら新しい部分とバランスを取り、

今持っている空気感を上手に引き継いでいけないか、という事になりました。

言うなれば、モダンでスタイリッシュな無機質な空間ではなく、

シンプルではあるけれどレトロなニオイ漂うオーガニックな空間。

値段が高かったり、既に廃盤になっている等、

色んな条件で今となっては再現するのが難しい素材のテイストを活かしながら、

新旧がチグハグにならないように全体のバランスに注意しながら、

楽しくプランニングしていこうと思ってます。

 

「ヒト・モノ・クラシ」が醸し出す心地良さ。

温かくて爽やかな風が吹いているような家にしたい…。

いいモノ創りますよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.09

KOBE

先日の神戸方面出張。

昨年完成したお施主さんのお宅に久しぶりにお邪魔して、

美味しいコーヒーを頂きながら、現在の住み心地や、

お子さんが成長した時の改装イメージ等、いろんな話を。

Ynhouse101_2

Ynhouse102_2

Ynhouse103

夜は明石まで行き、20年以上ぶりの友人を加え、

地元の旨い居酒屋からアイリッシュパブへ。

翌日は早朝仕事を片付けて、

買い物したり南京町まで足を伸ばしたりで神戸を満喫。

久しぶりに神戸の空気を十分に吸い込みました。

Nankinmachi101

Nankinmachi102

以前にも書いたけれど、神戸って本当に独特の街だと思います。

南北に狭いエリアを海と山に挟まれ、そして東西に長い。

海からの駆け上がりの土地も多いいから当然坂が多い。

登るのは大変だけれど、クネクネと曲がる坂を登っていると、

絶え間なく変わるいろんなシーンを感じられてスゴク楽しい。

土地の高低差による立体感が

独特の景観や雰囲気を創り出しています。

早くから外国の文化を取り入れて、今でも建物や街並み、

そして食べ物やお店等、町のどこにいても外国のニオイを

感じ取る事ができます。

よくイタリアのベネチアっ子達が自分の町を語る時

「どこにも無い町だから」と語ると言いますが、

神戸もまさしくそんな町かも知れません。

他にも独特のブランドイメージを持っている街もありますが、

街が適度な大きさと圧倒的な個性を持ち、

住人が自分達の町を愛してやまない街は、

なかなかそう思い当たりません。

仕事や遊びに関わらず、

そんな街を訪れると心地良さが漂っていて、

なんかシアワセになる気分になるのです。

Akashibridgeview11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.04

積雪一過

Hrreno10

曹洞宗のお寺さんの現場も、先日無事上棟を迎え、

昨日の積雪とはうって変わって青空の広がる天気の中、

本日は土間CON打設です。

生コン車の進入が困難な為、一輪車でのピストン作業となっております。

Hrreno11

そろそろ内装のイメージや仕上材についても

スタディーしていく時期になりました。

今日は監督さんと、濡れ縁上部の軒裏の格天井と、

化粧垂木のディテールについて打合せです。

Hrreno9

大屋根の軒裏はお寺さんの象徴。

デザイン的に美しいのはもちろん、

檀家さん達が少しでも癒されるような、

人の集まる空間になるように検討作業を進めています。

今回は増改築ですので、既存の古い内装材と

新築の新しい材料が混在する部分も多く、

違和感の無いよう創っていく事もとても重要です。

逆に新築より難しい面もあります。

また、生活シーンを具体的にイメージしながら進めていく

住宅創りとは違って、ある種の儀式的な雰囲気のある空間作りといった

部分も欠かせません。

デリケートな部分も数多くあり、気を抜けません。

今が頑張り時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »