« 片道10分のシアワセ | トップページ | 今年は当たり年 »

2012.04.14

図面に描き切れないこと

小さな木造住宅のリノベーション「西長戸Ⅳ」も内装はほぼ完了。

本日はポカポカ陽気の中、外装の塗装工事中でした。

最後まで悩んだ階段部分も、

 ↓こんな暗い感じだったのが

Nn4before10

 ↓こんな明るい感じに。

Nn4reno10

 ↓時代を感じる2階の廊下も

Nn4before11

 ↓こんなスッキリした感じに。

Nn4reno11
古い木製格子の手摺は鉄のフラットバーに変更し、最小限に抑えたアイアンのラインとダークブラウンに塗装した踏板だけがリズミカルに見える空間に再生。古い木製パネルの壁も真っ白に塗装したので、空間を構成する要素が減り、一層黒とのコントラストが際立っています。

元々、玄関を入ると階段や水まわりに繋がるホールがあり、その先の扉を開けるとリビングに…といういかにも紋切り型の間取りだったのを、

Mypanf_g01before

玄関ホールからすぐにリビングに入り、全ての動線はリビングからスター状に伸びるリビングイン式に変更していますので、限られた空間を効率よく使えるようになり、以前よりも広いリビングスペースを確保できました。

Mypanf_g01after

古くゴチャゴチャした住宅のリノベーションは、その空間を構成する要素を慎重にかつ大胆に減らしていくことが、スッキリと見せるコツです。それが難しいんですが…。図面に描き切れない事もたくさんありますので、現場でのチェックと密な監理がとても重要です。

来週の22日にオープンハウスが行なわれますので、

リノベーションにご興味のある方は是非一度ご覧下さい。

お問合わせはサンロクマルベースさんまで。

オススメ!!

|

« 片道10分のシアワセ | トップページ | 今年は当たり年 »

コメント

(◎´∀`)ノ
お久し振りです。元気にご活躍ですね!
ここまで鮮やかに ビフォー・アフターが写真で見せられると感動すら覚えました!
また、いろいろと教えてください!

投稿: 知ってる人  | 2012.05.17 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170264/44882580

この記事へのトラックバック一覧です: 図面に描き切れないこと:

« 片道10分のシアワセ | トップページ | 今年は当たり年 »