雑記

2013.01.12

幸先ヨシ!

先日の知り合いとの新年会で、新年早々ワインと料理でワイワイやったわけですが、途中、映画の上映会となりあの世界一予約の取れないレストランで有名な「エル・ブリ」のドキュメンタリー映画を観ました。

半年間営業をしてあとの半年は料理開発のため研究期間にあてるというあの有名店の新メニューを作り上げるまでが淡々としたタッチで描かれています。

映画そのものは淡々と進んでいくのですが、だからこそ余計に超一流のシェフ達が新たなモノを生みだしていく時の緊張感や鬼気迫る空気感が激烈なまでに際立って見えました。

料理とテクノロジー、料理とアートとの融合を図り、誰も見たことの無いそしてどこにも存在しないモノを創り出す姿からは、料理という1ジャンルを超えた、すべてのモノ創りの世界に通じる厳しさを感じました。何かを産み落とし、そしてそれを世間に認めてもらうまでの苦労と勇気は並大抵のことではありません。

モノ創りの段階で、頭掻きむしりながら苦しんだり思い悩んだりは当たり前。でもその向こうにある完成の時の素晴らしい瞬間を想像するからこそ乗り切れる。かのコルビュジェも言っているように、「感謝」を超えた「感動」を味わってもらう為に、そして、ゴールした後の爽快感と、あのスバラシイ一瞬を味わう為にこそ頑張るのです。すべての苦労と努力は、それらを忘れさせてくれる程の達成感を味わうためなのかも知れません。

そのためには100%の自分ではダメで、いつも150%や200%のチカラを出せるように日々ココロと脳の体力創りをしていないと無理なのだ、という事を思い出させてくれた映画でした。

新年早々、気合の入る深い映画を観れました。

M130111_11_00_41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

今年は当たり年

皆様、あけましておめでとうございます。

かれこれ10ヶ月ぶり(!)の更新です。

ながらくブログの更新をしていなかったので、

数多くの方々からご心配の声を頂いておりました。

「何かあったん?」

「今どこにおんねん?」

中には「生きてんのかいな?」との辛辣な声も…。

本人はいたって元気で忙しくしておりまして、

最近はフェイスブックへの投稿にかまけて、

ブログがおざなりになっておりました。

申し訳ございません。

今年はまめにブログ更新しようと気合満タンです。

昨年は新たな出会いも数多くあり、建物の大小に関わらず、

やりがいのある様々な仕事をさせていただき、

それぞれに喜んでいただきまして嬉しい限りでした。

本当にいろいろな方のご支援やご協力のおかげもあって

とても充実した1年を送ることができました。

今年も、もっと皆さんに喜んでいただけるような魅力ある建築を、

そして感動するような建築を創れるよう頑張って進んでいきます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2013ao_4

               新年のご挨拶に代えて 伊藤馨

Web:http://kao-archi.com/

FB:http://www.facebook.com/#!/kaoarchi

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.01.01

2012賀正

皆様あけましておめでとうございます。

昨年は皆様にいろいろとお世話になり本当に有難うございました。

おかげ様で無事新しい年を迎えることができました。

ギリギリまで何かとバタバタとしていた年末でしたが、

大晦日には事務所の大掃除も何とか済ませ、

久しぶりにノンビリとできました。

大晦日は新しく何かが起きる前夜、

遠足の前の晩のようなワクワク感で心がウキウキしてしまいます。

ボクが一年の中で一番好きな日である大晦日は、

スーパーに買出しに行きまして、

関西風の雑煮と簡単なおせち料理の仕込みをしながら過ごしました。

近所の札所である石手寺から聴こえてくる除夜の鐘の音につられて、

寒空の下出掛けて、先ほど初詣を済ませ帰って来ました。

Hatsumoude0 Hatsumoude1

今年は1/4日から仕事を開始する予定です。

本年もご支援ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

今年が皆様にとり良い年となりますように!

                                                                              元旦   
伊藤馨

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.13

ホークアイ来たる

ついこの間、インディアンの酋長が事務所にやってきました。

Hawkeye2 

実はスタッフが近所の居酒屋でタダでもらってきた壁掛けの人形なのですが、

なかなかのド迫力です。

全長70cmくらいあるでしょうか。

意志の強そうな太い眉毛とへの字に結んだ唇。

哲学的な顔に鼻筋の通ったワシ鼻。

ターコイズの前かけ(?)をして、勇敢さの象徴の鷲の羽根を身にまとった姿は、

まさに白頭鷲そのもの!

映画「ラスト・オブ・モヒカン」にちなみ、

彼にホークアイ(鷹の目)という名前を付けて、

事務所の壁に飾ることにしました。

まるで守り神のように睨みをきかせてくれてます。

Hawkeye_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.03

造作家具のリアリティー

このところの妙な陽気で体調不良気味です。

事務所の近所が遍路道になっているんですが、道行くお遍路さん達も、

白装束を脱ぎながら汗だくで歩いているのを見掛けます。

Henro

 

小坂の家」の家具を、オーダーで製作して入れ替える

という話になっていまして、先日タワーの室さんと打合せした家具が

出来たというので、見に行ってきました。

Ks_house_furniture01

いいですねぇ。

南向きのリビング空間の上部は吹抜にもなっており、

陽光降り注ぐ空間なので、レザーの白とイームズの白が、

爽やかで品のある印象をさらに印象付けてくれています。

最初は、レザーを黒にしようと思っていましたが、白にして正解でした。

Ks_house_furniture02

床材はホワイトバーチなので、女性的なフェミニンな印象がします。

木目がさほど目立たないのに反して、上質な存在感があります。

それに対して、テーブルの天板はニャトー。

ニャトーは色ムラがあったりして個性がキツくなる場合があるので、

心配していたのですがイイ感じでした。

ニャトーの赤味と床の白さのコントラストがたまらないです。

極限まで細くしてもらった黒皮風の脚のベンチシートが、

さらに軽やかさを生み出すのに成功しています。

Ks_house_furniture03

床材や家具は住空間の中において非常に大事な要素の一つです。

いかにも工業製品という感じの複合フロアーや、

ありきたりの既製品の家具とはやはり違う趣が漂って、

これだけで空間に個性とリアリティーが出てきます。

 

Faceboookにもだいぶん慣れてきました。

東京の設計事務所時代に共に苦労した知り合いと

久しぶりに連絡が取れたのも、嬉しい出来事でした。

あれから20年近く経って、僕をはじめ皆さん恐ろしくオッサンになったのかと

思いきや、身もココロも劣化せずにそれぞれ頑張っておられるのには、

とても励まされます。

また新しい現場が幾つか始まります。

僕も負けずに頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.02

ジロリの猫

Black_cat3

事務所の庭に野良猫が頻繁に出没します。

何匹かで徒党を組んで、我が物顔でのし歩きます。

この辺り一体をなわばりにしているようで、塀から塀へ、家から家へ。

ご近所の猫よけのネットや忍び返し(?)も物ともせず、

縦横無尽に走り回っています。

どうも最近子猫が産まれたみたいで、道のド真ん中で子猫が寝転んで

スヤスヤしている場面に出くわす事があるのですが、

廻りを大人猫軍団が取り囲んでおり、

通りかかった僕に全員でメンチを切ります。

普通の場合は、こっちが近づいていくとサァーッと散っていくのですが、

寝ている子猫が一緒にいる場合は、通学電車の中で出会った

隣町のヤンキー高校生軍団のように全員でメンチを切りまくります。

しばらく睨み合っても逃げる気ゼロのようです。

目をそらした方が負けなのを良く知っているようです。

スタッフが事務所に連れてくる犬にも怯みません。

ちなみに猫が庭に入ってくると、こうなります。

Blind_dog

ブラインドにガシャーン!と顔を突っ込み、フガフガと鼻息荒いです。

まあ、和むから別にいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.10

遊ぶ勇気

有難いことに最近は住宅のご依頼が重なり、

プレゼン続きの毎日を送っています。

施主様のお話をうかがい、要望を私の中で消化して、

おぼろげなイメージを具体的な形にして出す作業です。

もちろんその要望や条件はお客様により様々ですから、

自分の頭の中の色んな部分のヒダヒダをフル稼働させます。

以前より松平不動産さんと一緒にさせて頂いていた仕事も完成し、

コンセプトモデルの住宅がオープンハウスで公開されていますので、

週末には新たなお客様とそこで打ち合わせを行なったりと、

何かと忙しくさせて頂いております。

Kosaka05

松平不動産さんとご一緒した住宅は、

普通の住宅には無い面白いコンセプトモデルの住宅ですので、

良かったら是非一度実際に体感して頂けると楽しいのではと思っています。

Kosaka01  Kosaka02

Kosaka03 Kosaka04

元々休みがまるで不定期ですし、

まるまる一日の休みがなかなか取れませんから、

だいたいの場合、生みの苦しみとも言うべきプレゼンが続くと

メンタル面が極端に弱ってきます。

あぁ効率が落ちてきたなあと感じたら、

無理矢理にでも息抜きする勇気が必要です。

先週は、晴れた日には久万まで行って突然のぶどう狩り。

Budougari

そして、凸凹の奇岩にへばりつくように建つ姿を見たくて45番札所の岩屋寺に。

Iwaya_tenple

知り合いの事務所でホルモン鍋をつつく日あれば、

仕事終わりの夜にはいつものバーでジュークボックスに100円を入れる。

Peggysuejb

今日は仕事のプレゼンが終わったら、

知り合いのネパール人の留学生が無事卒業したのでそのお祝いです。

 

何で読んだのか忘れましたが、自分を変える方法は3つしかない。

住む場所を変える、付き合う人間を変える、

そして時間の使い方を変えることだ、というのがありましたが、

今まで慣れ親しんだ日々のルーチンを無理矢理にでも変えてみて、

新しい時間の使い方を試してみると、

不思議と新たなアイディアも出てくるもんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.21

曼珠沙華

お彼岸ですね。

Higanbana_2

庭に彼岸花が咲いています。

山口百恵の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)で有名なヒガンバナですが、

イメージ的に嫌う人も多いようです。

ボクは嫌いじゃない花ですが、白色は珍しいのではないでしょうか?

紅白でめでたいのです。

President_frp03

プレジデント本町の残工事だったFRPグレーチングの施工が終わりました。

ホワイト色を選んでいますので、床と一体となりながらも

透明感のある面白い感じになりました。

President_frp04

軽やかな雰囲気が出せたので、成功ですね。

床に落ちる影も奥行きが出て良い感じです。

President_frp01

President_frp02

家具も入って、空間にリアルな匂いがしてきました。

この空間は、使う人によって全くテイストの違う雰囲気にする事が

できる空間だという事をあらためて感じました。

正解が無いというところがよいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.13

and on?行燈。

陶芸教室に誘われたのですが、なかなかに仕事も忙しく、

あまり乗り気ではなかったのですが、2時間程度で済むとのこと。

まぁ気分転換にイイかと行ってみることにしました。

最初は心ここにあらずで、テンションがあがらず…。

しかし、やっている内にドンドン引き込まれて、

最後は我を忘れて没頭してしまいました。

今回はロクロでなく手びねりでしたが、かなり難しいもんですね。

全然自分で許せるレベルに仕上がらなかったです。

めちゃめちゃ悔しいので、もう1回行きます。

1st_togei_2 

知り合いの社長から、新しくホームページをたちあげたとの連絡が。

本来は工務店さんなのですが、なんと行燈を販売するサイトだとのこと。

その名もズバリ「行燈屋」です。

会社にサンプルがズラッと置いてあるので見せてもらいますと、

地元の天然木と和紙で作られていまして、

やはり行燈本来の雰囲気がして、心地よい感じが漂います。

ロウソクの火は転倒した場合に危険なので、LED照明を採用。

ただし電気の線が見えないように色々と工夫がされています。

家具職人さんや各業者さんとの試行錯誤を経て、

ようやく完成したとおっしゃっていました。

この辺のディテールのこだわりは、

やはり長年工務店をやっておられる方ならではのモノ創りの感覚でしょう。

秋の夜長を前に、ボクも今の事務所に1台欲しいです。

詳しくは「行燈屋」ホームページを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.28

並木

先日完成した賃貸マンション「alberata/アルベラータ」の紹介が、

愛媛CATVの「住まいナウ!」で放送されています。

Alberata02


「alberata」はイタリア語で、「並木」という意味です。

殺風景な道路端で周辺環境に潤いと安らぎを与えてくれる

並木のような建物になって欲しいとの思いでネーミングしています。

外観デザインの、積み木がズレながら積み重なったような

リズミカルなファサードにも並木のリズミカルな様子のイメージを重ねています。

Alberata03


内部の仕様も、そこら辺の分譲マンションよりもハイスペックで、

防犯カメラやロックシステム等のセキュリティーもいたれりつくせりです。

意匠性と機能性を兼ね備えた建物で、賃貸物件としては、

なかなかこのレベルの建物は無いのでは。

施主様の愛情とこだわりの深さによるところが大きいです。

末永く愛され続ける建物であって欲しいなぁと思っています。

Alberata01


事務所のすぐ近くが中学校なのですが、

夏休みの夕方なのに何やらドドンドドン騒がしいと思えば、

校庭で盆踊り大会なのでした。

めげずに仕事を続けていたのですが、

「この辺は河内音頭やないやろし。はたして何音頭なのだろうか…?」

と気になり出して、どーにもこーにも我慢できなくなってきたので、

ちょっとだけ覗きにいきました。

Bonodori_2

なんと「エコ音頭」という凄まじい破壊力の曲なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧