本・映画

2011.11.19

やがて楽しき映画かな

昔から、仕事が忙しく疲れてくると、

寝る前にこの映画のDVDを観ます。

Bluesbrothers

The Blues Brothers

 

もう今までに何回観たか数えきれない程です。50回は超えてるでしょうか。

何も考えずに観てるだけでも、疲労回復のドリンク剤よりも元気になります。

ジェームズ・ブラウンやアレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、

ジョン・リー・フッカー他、超一流ミュージシャンも多数出演しているのですが、

彼らが超おバカな役柄の演技をしながらも、

最高のパフォーマンスで歌を聞かせてくれます。

カンタンなあらすじは…

刑務所を出所したジェイクと弟のエルウッドは、

彼等を育ててくれた孤児院が資金難で立ち退きの危機にある事を知る。

いつものように手っ取り早くどっかから金を盗んできて工面しようと考えた二人。

しかしシスターに、汚れた金は一切受け取らないと思い切り拒否られた二人は、

昔とったきねづかでバンドを再結成してコンサートで金を稼ごうと思いつく。

‘神の使命’に燃える二人だったのだが、行く先々でトラブルを巻き起こし、

逆に敵を増やしまくりの逃避行。

クライマックスは彼等を追う警察と数々の敵とのカーチェイス。

さあ彼らは無事に金を稼ぎ、孤児院を救う事ができるのかぁー!?

…というお話。

コメディーでありながら、色々な名曲と共に、カーチェイス、逃亡、爆破など

いかにもアメリカンな内容が炸裂している映画で、

何度見ても面白いのですよ。

今からまた観ようっと。


ちなみに続編の「Blues Brothers 2000」は超駄作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.04

噂の3D

やはり3D映画は一度観ておかなくては、ということで、

レイトショーで、アバター/3Dを観てきました。

監督がジェームズ・キャメロンなので、ストーリーには全く期待していません

でしたが、映像は凄まじかったです。

3D映画は、USJで体験して以来ですが、

「観るのではない、そこにいるのだ」と前評判で聞いていた通り、

こっちへ映像が飛び出してくるのではなく、背景に奥行きがあって、

自分が画面の中に実際に存在している感覚です。

この奥行き感は尋常じゃないです。子供なら酔うかも知れません。

ただ、字幕が遠近感で浮かんで見えるので、とても読みにくい。

やはり目まぐるしく変わるシーンの遠近感を楽しみたいと思って

画面全体を観てしまいがちなので、字幕に目のピンを合わせるのに

慣れるまでかなり時間がかかりました。吹き替え版の方がオススメかも。

3d_glass_2 

しかし、映像はやっぱりスゴイです。

3D自体はもちろん素晴らしいし、まあたらしさもあるんですが、

じきに慣れてしまいます。それよりも、架空の星の自然や生き物を、

ここまでリアルに表現する映像には打ちのめされました。

とても美しい。

これほどまでに完璧な擬似世界を創り上げる映像には感動を通り越して、

ザワザワした恐怖感すら覚えます。

Avatar >>Amazon.co.jp

ストーリーは、案の定…という感じですね。

要するに、人間と自然との闘いのお話です。

己の欲望の為に自然を蹂躙する人間が悪で、

両者の間で揺れ動くアバターと自然と共存する現地人が善。

善悪が紋切り型で、最期はお互い武器による大戦争で決着するという

超お決まりのパターン。いいかげんもう堪忍して欲しい。

ハリウッドが大好きな、禁断の愛もでてきますが、かなりウンザリ気味です。

とにかく、ものすごくアメリカンなストーリーで、ガックリきました。

 

本編前に、3Dの「不思議の国のアリス」の予告をやっていましたが、

こっちの方が面白そうな気もします。

今年は3Dテレビもどんどん発売されるようですし、

今後の3Dに大いに期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.07

Angels & Demons

レイトショーで「天使と悪魔」を見てきました。

ダ・ヴィンチ・コードより分かりやすいぶん面白いです。

ローマやヴァチカンの名所が盛りだくさんで楽しめます。

宗教と科学。太陽と月。光と影。

切っても切り離せないモノですね。

Sun  Angel

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.16

旅行記のはなし

作家の村上春樹さんが、イスラエルの文学賞「エルサレム賞」を受賞しました。

元々好きな作家でしたし、小説は勿論ですが、彼のエッセイや散文も好きでした。

若い頃、旅行記にハマっていた時期があります。

私がヨーロッパを放浪していた時期に、

文字通りボロボロになるまで何度も読んだ本の中の1冊が村上春樹でした。

勤めていた会社を辞め、友人達に、

「有り金すべて握りしめて旅に出ますねん。」

と言ったら、会社の先輩が「持っていけば?」とくれた本です。

Photo>>Amazon.co.jp

Photo_4>>Amazon.co.jp

旅行中は、なにより日本語に飢えていましたので、

自分でもよく飽きんなぁ、というくらいに何度も何度も読んでいました。

旅の途中たまに日本人と出会うと、手持ちの日本語の本を交換したりして、

今はもう手元にはありませんが、時折無性に読み返したくなります。

何故か、冬のヨーロッパの強烈に寒い時期のことが記憶に残っています。

旅行中に、はるか遠い自分の国で阪神大震災があったりして、

色々な事を考えていたからかも知れません。

まだまだ、道を渡る風が冷たいです。

あの時感じていた空気感を、今でもよく想い出すことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)